ネット誹謗中傷対策について

まずは冷静になることから

 ネット誹謗中傷は近年増加傾向にあります。これは匿名性が強いインターネット内において、他者への誹謗中傷は言い逃げの感があるからです。好きな風に書き込みをして、相手の反応を楽しむという面もあります。

 そのため、必要なのは冷静になることです。好き放題に書かれたから感情的に応じるという具合では、相手の行動をより過激化させるだけです。

 そのため、無視して相手にしない方が賢明だと言えます。頭に血を上らせないようにしましょう。

法律についての考察する

 ネット誹謗中傷対策としては、法律について詳しくなることも有効です。これはいざというときに自分の身を守るのに使えます。

 このとき、主に適用されるのは、名誉毀損と侮辱となります。

 前者はネットの掲示板などで、他人の名をかたり、嘘の情報を記載したときなどに適用されます。

 後者は他人の人格を蔑視するような内容を書き込んだ場合に、それが当てはまるとされています。

 要するに他者をおとしめるような真似をした人を罰するものなのです。

問題を見つけたときの対処法

 自分あるいは所属企業がいわれなき誹謗中傷に晒され、尚且つ実害を受けているという状況で冷静に対処できる人はあまりいません。

 しかし、先に説明したように、相手に対し感情的になったところで、何の解決にもならず、むしろ事態を悪化させてしまいます。

 そのため、匿名掲示板などに誹謗中傷に当たる文書が載せられたら、そこを管理している人やプロパイダ業者に削除を依頼しましょう。

 利用規約にその旨が記されているところは多いので、それを参考にすれば大丈夫です。

ネットが普及した現代、ネット誹謗中傷が増加しています。誹謗中傷されたときは、内容によっては法的措置も辞さない心構えで、冷静に対応することが一番大切です。