よく聞くビットコインって一体どういうものなの?

紙幣との違いが最重要

ビットコインを詳しく説明する前に、紙幣との違いを事前に知っておきましょう。これが一番重要です。ビットコインは紙幣とは違って「中央機関」が存在しません。そのため、紙幣は物価変動に対して国や銀行と言った中央機関が発行して対応することが出来ます。一方ビットコインは発行上限が決まっています。その範囲でソフトウェアが自動的に配布したり回収したりし、価格を変動させるわけです。この上限がある、というのが金に似た性質だ、ということを踏まえてちょっと詳しいシステムについて見ていきましょう。

ビットコインは新しい通貨

ビットコインを大雑把に言いますと「新しい通貨」なのだと思ってください。通称「仮装通過」と呼ばれているビットコインですが、金と違って直接決済出来てしまうのが特徴です。これはクレジットカードと同じようなものだと考えてください。ですが、クレジットカードと違ってビットコインは個人間の送金も可能にしています。そういったシステムは非常に難しいものになっていますが、使用する分にはあまり関係ないので大丈夫です。とにかくビットコインは新しい通貨、世界の通貨と捉えると分かりやすいでしょう。

ビットコインのメリットとは

ビットコインは価格変動が激しく、あまり詳しくない人にとっては不安定なものに見え、あまりメリットが無いように思えるでしょう。ですがビットコインには沢山のメリットがあります。一つ目に偽造できない、ということ。また支払い未決済も、個人的なミスが無い限りありえません。さらに最大の特徴としましては、中央機関を持たない世界で取引される仮装通貨なため「破たんする」といったリスクがありません。これが最大のポイントで、世界で取引される通貨だからこそ、安心して保有出来る通貨なのであるということです。株みたいな要素はありますが、仮に日本紙幣が危うい、といった場合はビットコインに変えることでリスク回避することが出来ます。そういった使い方が出来る、ということを覚えておくと、後々助かる日が来るのかもしれません。

ビットコインは、パソコンやスマートホンが財布代わりとして使えるようにした貨幣の事です。円やドルと同じく、全世界で使えるように開発された通貨です。